手帳の年間ページで習慣化チェックしてますよ

ども、嫁の唐上なりです。

9月も半分が過ぎましたねぇ。
ということは、ということはつまり、本年も4分の3が過ぎ去ろうとしているわけです…。

毎度毎度この時間の素早さにびっくりしますが、手帳なりノートなりで記録を取るのが好きになってからは、時間が過ぎることがイコール全てマイナスだとは思わなくなりました。

今ぐらいの時期って、手帳が程よく書き込まれて可愛くなってくる時期でもあるからです。

今日は、年間ページでやっている「習慣化チェック」のことなど。

やってきたことが形として見えてくる時期

私の手帳を使う目的のひとつには、「習慣化」があります。

やりたいことを三日坊主で終わらせずに習慣化したい。毎日のタスクにやりたいことを組み込んでみたり、スマホのアラーム機能で作業時間を知らせてみたり。形にならなかったものもありましたし、今も試行錯誤中です。

そんな中でひとつ、続いているのが「習慣化チェック」。

手帳の年間ページを利用して、自分が習慣化したいことをやったら印をつける、というものです。
これをちゃんと埋めたいなー、と思うこともモチベーションを保てる要因なのかな?

写真はガチで使用中のものなのですが、最初はなかなか続けることができずに空白が目立っています。

でも3ヶ月が過ぎたあたりから、一日に1〜2項目くらいは少しづつ実行するようになってきました。

半年目辺りには、「ひとつもやらなかった」日が減ってきて、今は「一日に何か一つは必ずやっている」状況になっています。

まだまだ「私、習慣化できてるぅー!」なんて万歳三唱には程遠いですけれども、最初の空白三昧から比べると進歩してると思うんですよね…!自分褒めちゃう!


私が使用しているメイン手帳は文庫本サイズ(A6)なので、この年間計画ページの一日の枠の大きさはさほど大きくないのですが、カラーペンの色分けで記入すれば四項目は記録できます。

使っている手帳については以前の記事に書いてます。

おそらくこの枠の小ささも良かったのかも。あれもこれもと欲張れないので、「これだけは早めに習慣化しておきたい」という優先度の高いものしか書き込めないのです。

その分、他に目移りしないで済みました。

こんな感じでやってきたことが形で見えるので、過ぎた時間も「私、ちゃんとやってたから大丈夫」と思えるようになりました。

記録って、目に見える自信になるときもあるから好きさ。

それでは、また。




\読んでくれてありがとう/ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 手帳カテゴリのブログランキングはこちら。



スポンサードリンク