スポンサードリンク

初めまして、と手にするパスポートは楽しい。


ども、嫁の唐上なりです。
スタバの豆を初めて買ってほくほく気分でございます。

コーヒー自体はそこそこ飲みますが、こだわりとかそういうのは全く無く。こだわり無いが故に知識も無く、なんちゃらブレンドやらコーヒー豆の種類がどーだこーだも「なんだか呪文みたいで可愛いなぁ」で終わっちゃう程度のコーヒー飲みです。

サクッと美味いのが飲めればいい、というある意味ゼータクな嗜好。

ラテやクリーム系などの甘いのも良いけれど、少しばかり甘さにやられてしまうので、お供はだいたいブラックです。

旅をする気は無かったんだけどね

特にカフェやら喫茶店やらを探索するでもなく、ここしばらくはファミリーマートのコンビニコーヒーにハマってました。美味いんですよ、ファミマ。

しばし飲み続けて、「私は炭っぽい味わいのコーヒーが好きなんだなぁ」と気付いてきました。こういう味わいのコーヒーがいつでも飲めたらいいのにな、と。

しかし今までに銘柄などは無頓着で飲み散らかしていたもので、ファミマコーヒー以外に好みの味わいのコーヒーが何で、どこにあるのかわからない。


ここなら何かあるかなーとスタバでぼんやり豆を眺めていましたら、どれもこれも量が多く見えるんですよね。一発で好みの味に出会えたら良いけど、そうじゃなかったら飲み切れないんじゃないかしら、と棚を見てましたらスタバのお姉さんが100グラム単位で買えますよと教えてくださって。

あ、じゃあお試しでコレ100グラムください!とパッケージの鳥が可愛かったコロンビアを。

そこから流れるようにスタンプカードお持ちですか、いえ持ってないです、こういうのありますよ(、とコーヒーパスポートを見せていただき)、「シールもパスポートも全部ください…!」と軽やかにスタバにホイホイされました。さすがだったぜカウンター越しのセイレーン。

おそらくコロンビアを飲み終えたら、次に試すコーヒー豆を探しに行くでしょう。

そしてせっかく豆を買うなら、コーヒーパスポートを埋める旅に出ても良いかもしれない。100グラムずつ買えるし、シール集めて飲んだ豆を記録するの楽しそう。

…と、どう考えてもスタバにホイホイされる未来しか見えません。


ただ、コーヒーパスポートを手にしたことで「好みの豆を探す ” 旅 ” 」が本当に「旅」のように感じられたことは確かで、それはとても楽しそうだと思えるんですよね。

パスポートを手にしたらば旅立たねばなるまい。

ゴールに辿り着きたくなるか、いつまでも辿り着かずに旅をしていたくなるか、どっちに転んでも楽しい旅になりそう。

この旅のお供は豆挽きミルかな。

それでは、行ってまいります。


\読んでくれてありがとう/ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 手帳カテゴリのブログランキングはこちら。



スポンサードリンク