決めつけない、ということ。


ども、嫁の唐上なりです。

今日は読んだ本のおはなしなど。

「あのひととここだけのおしゃべり」というタイトルがいいなぁ、と思って手に取ったらよしながふみ先生でした。

「ここだけのおしゃべり」って言い方、なんかいいですよね。
しかも「あのひとと」って、限られた関係の中での、密やかなおしゃべり。

あなたとわたし、で成り立つ会話。
うん、そういうの、好きです。

決めつけない、ということ

対談相手は漫画家9割、残りは小説家と料理研究家の方々。

漫画家さんの対談集なので、やはりマンガ好きの方とのマンガトークが多めではあります。
マンガに対する心持ちだったり、お仕事として物創りをすることであったり。

これは私個人の見方なんですが、「仕事」が「人が人に対する行動」である以上は、どんな業種であれ、共通する部分はあるもんだよなぁ、と思っています。

仕事や人に対するスタンスとかは、確実にそうだと思う。

この本を読んで、最初に「いいなぁ」と思ったのは、羽海野チカ先生との対談でした。

頑張ったことがあった時、それに気づいたらよしなが先生は「それは偉かったねぇ」などと褒めてくれる。羽海野先生は最初「気づいてくれる」ことが嬉しい、という話をされていますが、それに対してよしなが先生の返答が良かった。
何かね、ジャッジをしても意味がないかなぁと思って。
「それはその人が悪いよ」とか。
「そんなくだらないことは気にしなくていい」とか。
引用:「あのひととここだけのおしゃべり p189-190」
ここからは私の解釈なのですが、人が何かを頑張ってる時に、その内容まで、やっていることまで深読みして「それは●●●だよね」などの判断は必要ないんだよ、と。

それは「ジャッジして意見をくれ」という要望があれば応えても良いと思うけれど、そうでない場合にわざわざジャッジする必要なんてないし、求められてもいない(と思う)。

言って来た相手は、きちんと己がやっていること、迷っていることを理解して飲み込んでいるはずで、今話しかけられた自分に求められていることは「同じ目線で話しかけられる相手の、相槌が欲しい」ということだと理解している、ということが上の引用に含まれているんじゃないかなぁ、と思ったのです。

よしなが先生が何かの話を聞いた時に、まず「それは偉かったねぇ」と『話しかけて来た相手の感情に寄り添う」返答をした、という記述になったんじゃないかなぁ、と。

相手の話をジャッジするんじゃなくて、ってそういうことなのかなぁ。
決めつけるんじゃなくて、寄り添う。


…ここまで書いて、似たようなことを過去記事でも書いていたなぁと思い出しました。
▶︎ 【夫語録】聞いてないようで聞いてるアイツはこう言った。
▶︎ 一日の中にリセットボタンを仕込む

私がここ数年、意識していることの中に、「出来うる限りフラットで居たい」というキーワードがあります。

例えば仕事なり、友人付き合いなりで、誰かと話をする時。
家族でも、ふらっと立ち寄ったお店の人でも。

自分の考えだけ、価値観だけで「決めつけて」話をするのではなくて、相手の話を聞いた上で、自分がどうするかを決めたい。

だから、引用したフレーズが心に残ったのかもしれません。
「近しい考えの人がいる」という嬉しさだったのかしら。

我ながら今気づいたんですが、こんなに出てくる「寄り添う」というワードが、これからの私のテーマの一つなのかも。


一冊の本の一文から、思考が巡り巡ってこんなところに、笑。
だから本を読むのは楽しいんですよね。

長くなって来たので、今日はこの辺で。

それでは、また。



\読んでくれてありがとう/ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 手帳カテゴリのブログランキングはこちら。



スポンサードリンク