俺にしとけよ、とTSUTAYAは言った(妄想)


ども、嫁の唐上なりです。

嫁は本を読むのが好きです。
一番多いのはマンガ本ですが、小説も児童文学系も実用書も雑誌も、気になればなんでも見るタイプ。

「本好き」の定義は、かなり難しい議論になりそうなので、ここでは全部ひっくるめて「本が好き」ならもう「本好き」でいいじゃん、という表記をさせてもらいますね。


さて、そんな本好きがぶち当たる壁があります。

地方の入荷遅れってやつ。

どうにか入荷遅れを短縮できないか、私的に実験してみてるので、メモしておきます。

地方、フラゲなんて発生しないってよ。

このブログをお送りしているのは、田舎の都会という微妙なところです。

首都圏から見たら田舎なんだけれども、田舎の中では流通や交通はそれなりに良い都会、という。なんとも微妙なところです…。

そんな田舎の都会、ほぼ確実に「新刊は発売日当日に書店に入荷することはありえない」地域です。

だいたい発売日から3〜4日後くらいですが、まぁ一週間程度の遅れもザラです。


しばらく前に「Amazonなら地方でも発売日前に自宅に届くよ!」と聞いたので試していましたが、私は発売日前に届いたことなんて一回もないです…。

それでも、店頭入荷とほぼ同じくらいには自宅に届くので、書店に出向く手間と考えれば、Amazonでいいかーと思っていました。

でもね、Amazonが運送方法を変えたことで、店頭入荷よりも遅れて届くという事態が発生したんです。

え、待て待て待て待て、さらに遅くなってどーするよ!!!!!


俺にしとけよ、とTSUTAYAは言った(妄想)

早く読みたいから、事前に注文するわけです。
買い忘れたくないから、事前に注文するわけです。

なのに、Amazonさん…;;

これはもう、書店買いに移行すべきなんだろうか…と、結構ガチで悩み始めました。


本屋さん自体も好きでちょこちょこ行きますが、私の新刊の買い方ってのがですね、

  • 発売日が分かったら、忘れないようにそのままネットでオーダー。
  • 手帳にメモして書店へ行くよりも先にAmazon開いてポチッとする方が早い。

…というスタイルだったので、注文はなるべく24時間可能なネット受付があるところが良いなぁ、と思っていたところ、

そういえばTSUTAYAってネット通販あったよな。と。

自宅配送だと、運送会社をはさむから、運送方法によってはAmazonと同じことになりそうだけど、店頭受け取りなら、店舗間の輸送ルートを使うだろうし(※想像)、意外に早かったりするんじゃない…?と。

これは、試してみてもいいかもしれない。


俺を見くびるなよ、とTSUTAYAが言っ(妄想)

ちょうど予約しようと思っていた新刊があったので、TSUTAYAオンラインで注文しました。
受け取り方法は「店舗受取」で、近所の店舗を指定。

発売日は8月22日

「ご注文の本が店舗に到着しました。受け取り可能です」とメールでお知らせが届いたのが、8月23日

翌日に届いた

わーーーーーー!!!????


メールが届いたその日の中に、TSUTAYA店舗へ受け取りに行きました。

疑り深い私は、「今回だけたまたま、この本売れてるから早めに全国流通させたとかじゃないの…?」なんて考えながら、単行本売り場を巡回。


店頭には…まだ出ていない…?


ってことは、ネットで事前注文→店舗受け取り、って、現状最速なんじゃないか?!翌日だよ!!!!????


味、しめました。

次もTSUTAYAにしよう。


しばらくは実験を兼ねて、新刊はTSUTAYAで店舗受け取りにしようと思います。ふふ。

今回買ったマンガはこれでした。堀ちゃん先輩と鹿島に幸あれ…!


それでは、また。


\読んでくれてありがとう/ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 手帳カテゴリのブログランキングはこちら。



スポンサードリンク