スポンサードリンク

【夫語録】聞いてないようで聞いてるアイツはこう言った。


ども、嫁の唐上なりです。

私は頭の中で考えていることを書くなり喋るなりして、一旦吐き出して整理することが多いのですが、喋る時にはだいたい旦那氏がサンドバックです。
(サンドバックって書くと、なんだか私がヒドい嫁みたいですが、ち、違いますから!)

柳のように、風に吹かれても折れることなく、そこにあるがままゆらゆらと風を受ける。
そんな感じで聞いてくれます。

何か意見が欲しい時には、こちらからそう言えば意見を返してくれるので、ひとまず聞いて欲しいだけの時には、この旦那氏のスタンスはありがたい。

たまに、そんな旦那氏が自分から意見を返してくる時があります。

それはどの意地なの?


その日、私はとあるデータをまとめておりました。

ちょっと頑張れば終わるかな?という量に思えたので、丸一日をその作業に当てることにした私。

期限はまだ先なんだけど、この量をずるずる持ち続けるのもなぁ、とも考えて、一気に終わらせてスッキリさっぱりさせたかったんですね。

───すでにここで予想はついたかと思われますが、そういう「ちょっと頑張れば終わるかな?」という目算はだいたい外れます。


夕方の時点で、3分の2しか終わってない。


でも、夜も頑張れば「今日中に終わらせる」ことはできそうな気がする。

もうこうなりゃ意地で終わらせちゃうぜ…!と言った私に旦那氏の一言。

意地をはるのはいいけど、
「目標を達成する動力になる意地」と、「目標を妨害する意地」があるからね。

今はどっちの意地?

そして私は考えた。

そもそも、期限はまだ先なので、時間はあるわけです。

そりゃ早く作業が終われば、その分で別なことも出来るし、良いことではあります。
でも、今日は丸一日、集中してデスクワークだったので、それなりに疲労も出てきている。

このまま夜まで作業して、そこでミスが出たら、余計な作業も増えるし、気力体力も消耗するんじゃないかしら?

夜遅くまで作業した場合、翌日に疲れを引きずって別なところに影響出ない?
焦らなくていいところで焦ってはいないかしら?


この作業の目標は、「依頼通りの正しいデータをまとめて提出」すること。

それならば、いま張ろうとしている意地は、疲労によるミスを出す確率を上げてしまうだけの、「目標を妨害する意地」なんじゃないかしら?

そうなるとこうなる

そこまで考えたら、もう結論は出ています。

その日は作業を打ち止めにして、また翌日以降に作業予定を組んで進めることにしました。

夜はゆっくり散歩して、お風呂の後に、のんびり一息…と思ったら、あんまりにも眠くなってしまい、すぐさま就寝してしまいました。

結構、私疲れてたんだなぁ、と気づいたのは、翌朝にすっきり目覚めてから。

意地を張って、あのまま夜遅くまで作業してたら、次の日の起床はグダグダになっていたと思います。(っていうか、よくやるので実体験済みです…)


区切りをつけて、しっかり休む。

それが、最終的に目標を達成することにも繋がる。

今回、必要だったのは「意地を張って作業を進める」ことじゃなくて、「意地を張って作業量をコントロールしてしっかり休む」ことだったんだなぁ、としみじみしたとこです。


ちなみに、「意地」を辞書で調べてみたら、

い‐じ〔‐ヂ〕【意地】の意味
1 気だて。心根。根性。「意地が悪い」
2 自分の思うことを無理に押し通そうとする心。「意地を通す」「意地を折る」
3 物をむやみにほしがる気持ち。特に、食べ物に執着する心。「意地が汚い」「食い意地」
4 句作上の心の働き。「―によりて句がらの面白きなり」〈連理秘抄〉
引用元:goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/jn/11071/meaning/m0u/)

だそうな。

今回のは(2)の方ですね。

自分の思うことを押し通そうとしているのに、自分の体の声は聞こえてなかったなぁ、という、自分自体の矛盾もあるな、なんて思いました。

それでは、また。




\読んでくれてありがとう/ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 手帳カテゴリのブログランキングはこちら。



スポンサードリンク