ウォーキングがほぼ1ヶ月続いたぞー!のご報告。

ども、嫁の唐上なりです。

以前の記事に書いた、「お散歩が三週間続けられた」後の経過報告をすこし。

前の記事はこちら。
▶︎ 一日の中にリセットボタンを仕込む

お散歩のつもりだったのに、いざ外に出るとウォーキングになってたり、その逆もあったりして、自分が続けてるのがどっちだったかが混乱してきました、苦笑。

今のところ「ウォーキング」っぽい動きに行き着きそうなので、記事タイトルはウォーキングにさせてくださいね。

1ヶ月経って思うこと。

この1ヶ月、ほぼ毎日歩いていました。
だいたい週一くらいはお休みしていたのですが、それ以外は毎日ウォーキングできました。わーい。

歩いているだけなので劇的な変化などはないのですが、私自身の感覚として体調がフラットになってきたと思います。

もともと気持ちのリセットとして始めたプチ家出だったのですが、歩いているとじんわり体の中から温まってくるので、冷房で冷えた体もリセットできてたのかな、なんて。

心なしかPMSも今月は軽いというか、影響を感じなかったので、また次の1ヶ月もちまちまと歩きたいと思います。

続けられたポイントを振り返る。

せっかく区切りの1ヶ月目なので、私の続けられた理由を考えてみました。
  1. 一週間ごとに目標を区切ってみた。
  2. 一緒に歩く仲間がいた。
  3. ご褒美と楽しみを見つけられていた。
  4. 記録すると頑張った結果が数字で見える。
…と、こんな感じでしょうか。

1.一週間ごとに目標を区切ってみた。

これは、単純に「とりあえず一週間は歩こう」と小さめの目標から始めたということです。

よく目標達成術などのメソッド系Tips系でも見かけるやつですね。

  • まず一週間は歩いてみて、次は一週間続いた後に考えよう。
  • 最初の一週間は歩けたから、また新しく一週間は歩いてみよう。
  • 二週間も続いたし、せっかくだから三週目も歩いてみよう。
  • もうすぐ1ヶ月目だし、それまでは歩いてみよう。
私の場合は、こんな風に目標を区切ってやってみてました。

小さめの「出来たこと」を積み重ねて行くので、とっかかりやすかったです。

3周目くらいからは、「せっかく今まで続いてきたんだから、ここで止めるのはもったいない…!」とも思い始めてきました。

2.一緒に歩く仲間がいた。

前の記事にも書いてますが、途中から旦那氏が参戦してきております。

「さあ歩きに行こうか」と言ってくれる、言える相手がいるというのはとっても続けるモチベーションになるものだなーと実感しました。

3.ご褒美と楽しみを見つけられていた。

ウォーキングに行く時、最初はお茶やスポーツドリンクを自販機で買っていたのですけれども。

毎日歩けるようになると出費も大きくなるので、お茶ボトルを持参して歩くようになりました。


お気に入りのねこボトル。逸らしがちな目がかわいくて好きです(*´ω`*)

ただ、ボトルを持って歩くのは少し邪魔な時がありまして…。

せっかくなので、もう少しウォーキングが続いたら、自分へのご褒美にスポーツ用のボディバッグを買おうと思っています。
ボトルを固定できて、両手が空くタイプを探したい。

そのうちウォーキングだけでは物足りなくなって、走りたいなーと思えたら、買うタイミングということにしようかと考えています。

4.記録すると頑張った結果が数字で見える。

私のスマホはiPhoneなので、標準アプリの「ヘルスケア」で、歩数が自動でカウントされるんですね。

歩いた日は、アプリの歩数を手帳に記録して、自分のテンションを上げています。
週平均、月平均も見れるので、平均値を上げられると嬉しいですねぇ。
私頑張ってるー!と自分ほめほめの材料になります。うふふ。

特に細かくバイタルデータを取ってはいないので、歩数くらいが記録できる標準アプリで充分でした。

こんな感じで

1ヶ月、ウォーキングを続けた経過報告でした。

そろそろ秋が見えてきますし、歩く時間帯や服装も少しずつ季節に合わせて変えていかないとな、と。

次の1ヶ月は、季節の移ろいを感じながら歩けるんじゃないかな?

そういうことをひとつずつ考えるのも楽しくなってきたところです。

それでは、また。



\読んでくれてありがとう/ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 手帳カテゴリのブログランキングはこちら。



スポンサードリンク